TPP問題:実態のないリスクが過度に増幅されているだけ

世間ではTPPに参加するか否かで世論が二分されているが、私から見るとこれも原発放射能に対する風評被害と全く同じで、実態のない危険に対する過度な不安が無秩序に増幅された結果ではないかと思っている。そもそも今現在TPPという条約なり協定が存在していてそれを我が国が批准するか否かでもめているのではなく、貿易自由化に関する多国間協議に加わるか否かというだけでこんな馬鹿げた議論になっているということを認識する必要がある。 続きを読む

広告