オールハザードとは全てを計画することではない

“All-hazards” Doesn’t Mean “Plan for Everything

上記サイトの翻訳:

最新の危機管理における中心的な考え方は、オールハザード計画である。しかし、これは一体何を意味するのか。NFPA 1600 「災害/非常事態管理及び事業継続計画に関する標準」には、可能性の高いハザードとして45個のカテゴリーがリストアップされている。オールハザード計画とは、このリストにあるそれぞれのハザードに対して別々に計画書を作るということを意味するのか。

この質問にいい加減に答えてはいけない。オールハザード計画とは起こり得る全ての事態に対して計画しておくことだ、と信じている非常事態管理者は非常に多い。しかし、実際には、そんなことは不可能なのである。たとえ、全てのハザードを予期することが可能だったとしても、そんなことができるほど十分な資源を持った組織や地域はないし、この世には、必ず、予期せぬ事態というものがある。

オールハザード計画には、2つの要素がある。第一の要素は、リスク分析である。非常事態管理の基本の原則は、全てのハザードを総合的に検討することであるが、NFP1600もこの原則に沿って、「別添Aに記載されているハザードをリスク評価の過程で検討すること」と記している。そして、リスク分析を活用して、優先順位や資源割当を決める。

有限な資源を起こり得る全てのハザードに対する計画を作成するためにつぎ込むのではなく、リスク分析によって、コミュニティーにとって脆弱性が大きいハザードを特定してそこに資源を集中するのである。このようにすると、コミュニティーにとって影響が大きいリスク(注:ハザードではない)に資源を集中させることができる。

オールハザード計画の第二の要素は、機能別計画によって、複数のハザードに対処するための能力を備えることである。 警報発令計画、避難計画、避難所の設営計画などは、あらゆる種類の災害で多かれ少なかれ必要となる機能であり、ほとんど同じような手続きで運営される。このような考え方をすることにより、予期されているリスクのみならず、予期せぬリスクに対しても、多少の修正で対応できるようになる。

オールハザード計画は、すでに実証された考え方である。しかし、これは全ての起こり得るハザードに対して計画を作らなければならない、ということを意味しない。これは、リスク分析の一部として全てのハザードについて検討はするものの、機能別計画や優先順位が決められた緊急時計画によって、有限な資源の最大限の活用を図るものである。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村


政策研究・提言 ブログランキングへ

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中