池上彰の緊急スペシャル「世界が変わった日」

今日、フジテレビ系で標記の番組が放映された。再放送があればもう一度見たいくらい、非常によくまとまった良い番組だったと思う。

原発に変わる新エネルギーというとすぐに思い浮かびそうなのは「太陽」「風力」などだが、実はそうではなく、期待できるのは「天然ガス」。それも日本近海に眠るメタンハイドレードは、日本のエネルギー需要をまかなっていけるほどの埋蔵量が日本の近海にある。まだ、その採取方法には課題が多いが、おそらく太陽や風力などよりも現実的に十分なエネルギー源を提供できるのは「天然ガス」であることは間違いなく、日本政府も、すでに政策的に何かやっているのかもしれないが、十分な予算をつけ、国としてその採取技術の開発に投資してもいいのではないかと思う。火力発電の一種でありCO2が心配ではあるが、三菱重工が開発したGTCCという方式を使うとガスタービンでまず発電し、その過程で出た熱で水を沸騰させ蒸気タービンでも発電するため、エネルギー効率が従来の数倍となり、その分、CO2の発生も抑えられるという。 続きを読む

安全庁の設置、もっと迅速にできないのか?

日本は各行政機関の任務をこと細かく組織法に書くので、新組織である安全庁の設置も大変でしょうね。外国ではもっと大まかなことしか決めないことが多いのですが、こうやってこと細かく決めること自体が縦割りセクショナリズムの根源にもなっている。「これは俺たちの仕事じゃない」とか「これは俺たちの仕事だ」とか消極的権限争いのこともあれば積極的権限争いのこともある。この手法自体も今回見直したらよかったのにと思う。とにかく「今までと同じやり方で」などと言っていたら臨機応変に対応することはできないのですが。
細野・原発事故担当相:原発寿命、個別に判断 安全庁の全体像、年内に – 毎日jp(毎日新聞).