「もんじゅ」はシビア・アクシデントに対応できるのか?

霞が関が高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉の検討を始めたことに対し、交付金が減ることを恐れる地元敦賀市は「非常に遺憾だ」などと述べ、「もんじゅ」の安全性よりも、目先の地元経済への影響ばかりを懸念している。敦賀市は、政策として、市民と安全と目先の金とをどのように天秤にかけ、優先順位付けしているのだろうか。原発交付金依存体質丸出しの態度である。(⇒「もんじゅ:避けられぬ交付金減少 懸念が広がる地元・敦賀」)

さて、もんじゅは、ウランを燃やす普通の原発と異なり、核分裂の連鎖反応を起こしウランよりも遥かに強い放射線を出すプルトニウムを燃やす特殊な原発であり、その冷却にはナトリウムが必要である。そして、ナトリウムというのは水と反応すると爆発的に炎上する。普通の原発は、どこにでもある水でも海水でも冷却できるが、もんじゅはナトリウムがないと冷却できない。

人間が作るものに100%安全などというものは存在せず、インシデントやシビア・アクシデントを100%防止するなどということは不可能である。必ず、予期せぬ事態は発生する。ナトリウムがないと冷却できないようなプラントにおいて、予期せぬインシデントに対応することが可能なのか、福島のようなシビア・アクシデントが発生した場合、それをコントロールすることが可能なのだろうか。

福島の場合も、事故が起きる前は、全電源が喪失するなどという事態が発生することは全く想定されていなかった。しかし、それでも、システムとしては、全ての電源を失い、電源を使った冷却ができなくなった場合でも、空気で冷却できるようにはなっていた。福島では、運転上の問題などにより、それもできなかったので、メルトダウンという最悪の事態になってしまったが、それでも、メルトダウンした核燃料を海水で冷やすことはでき、今でも冷やし続けている。

福島のような全電源喪失、メルトダウンという事態がもんじゅで発生した場合、冷やし続け、かつ、放射線の外部への放出を抑えることは可能なのか。ナトリウムなど、海水のようにどこにでもあるような物質ではないし、取り扱い方が非常に難しい物質である。それでも何とかする手段を準備しているのだろうか。この点を明確に説明してほしい。

原子力村では都合の悪い想定はしないことが多いので、もんじゅの場合も「そうゆう事態は発生しません。」などという前提条件になっているのではないだろうか。だとすれば、これはリスクマネジメントが全くできていないことを意味する。もんじゅは、極めて政治的に強引に進められてきた傾向が強いので、様々な点で論理的におかしいと思われる点を無視してきているのではないだろうか。それゆえに現場の技術者も「こんなことやっていられるか。」という思いが強くなり、あげくのはてには報道されているような膨大な量の点検漏れなど安全管理の不徹底という組織文化が生まれてきたのではないだろうか。

もんじゅのような極めて大きなリスクを背負う組織で安全を重視しない組織文化が生まれている背景に何があるのか。そこを分析し、改善しない限り、もんじゅを廃炉にし、核燃サイクルを維持するために別の新しい高速炉をフランスと共同開発したとしても、また、同じような組織文化が醸成されていくだろう。今一度、よく考えてもらいたいものである。

 

右のサイトが非常によくまとまっており支持できる。⇒ 「もんじゅで今起きていること

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中