日本人は幸福感に乏しい?

5月24日の日経新聞によると日本人の幸福度は40%で、OECD加盟国平均を大きく下回ったという。失業率も低く、仕事もあり、教育環境もいいにも関わらず、生活に満足していないということらしい。これはどうゆうことだろうか? 物的満足・文化的満足は高いにもからわらず、不満? よくわからない。

原因はなんだろう? 私は将来への過度な不安が根底にあるのではないかと思う。私も正直、この国ほんとに大丈夫なんだろうかと、ここ数年思わないことはない。たぶん、このように思うのは私だけではないだろう。愚かな政治家、現状維持指向の役人、そして、この震災に原発放射能とくれば、お先真っ暗でしょう。

強いリーダーシップをもったトップが現れ、この人なら大丈夫だ、と大多数の国民が思うようにならないと何も変わらない。(ただし、小沢が総理になったって大して変わらないと思うが・・。もっと別の人いないのかね。) 続きを読む

経団連・・・東日本大震災にかかる規制改革要望(第2弾)

経団連が規制改革要望第2弾を発表した。私は下記の7(情報・通信、放送)の部分に特に注目したい。私が以前提言した内容を非常によく支持してくれている。以前も指摘したが、今回、震災の対応が遅れた大きな要因の一つは、携帯電話網などの地上系通信網が被災してしまったことにある。これをカバーできるのは衛星系だが、これは、規制が多く、技術的には使えるにも関わらず、制度的に使えないものが多くある。総務省は、この提言を受け、早急に規制改革に着手してもらいたい。 続きを読む

一年前に図書館で予約した「もしドラ」がやっと届いた

1年も待った本が届いた。図書館に一年前に予約したところ、40人待ちだったものだ。もう予約したことさえ忘れていた。読んでみたら内容もおもしろく、軽く読める。週末に一気に読んでしまった。マネジメントの基本の基が記されており、今更のようだが、頭の中がすっきりする。ビジネス・マネジメント、リスク・マネジメント、クライシス・マネジメントなど「マネジメント」にはいろいろあるが、これは全てに共通する内容を含んでいる。できれば、原本を読みたいと思い、私は、Kindle on iPadで読むことにして、米アマゾンのKindle Storeで初めてeBookを買ってみた。これは、iPadで本を読むはじめての試みということもあるが、楽しみである。

電気料金か税金か?

官房長官や経産大臣は、「できるだけ電気料金への転嫁を少なくする。国民負担の極小化に努めていきたい」 などと述べる。しかし、誰もが思っているとおり、東電に様々な賠償金の負担を求めるなら電気料金の値上げは不可避だろう。電気料金の値上げを避けるため政府が支援するということになれば、それは税金ということになる。負担配分に多少の違いは出てくるが、どちらにしろ国民負担であることには変わりない。東電の負担となれば関東地方の人、企業の負担となり、国税ということになればもっと浅く広い負担となる。違いはそうゆうことであろう。

今、政府のすべきことは、この辺の違いをわかりやすく説明し、国民的合意を形成することではないか? きれいごと言っていてもこの問題は前進しない。もう、これは一種の復興税みたいなもんだ。