♯長時間労働

今日のNHKスペシャルのテーマは長時間労働。今年問題になった電通の過労自殺がキーになっているのだろうが、この問題は、決して新しい話ではない。もう、半世紀以上も前から続いている話であり、ひょっとしたら、「月月火水木金金」などという歌があった位だから、戦前からあったのではないかとも推定できる。

NHKではいろいろな原因を推測していたが、私は「付き合い残業」の風習がまだ残っているのではないかと思っている。1980年代、まだ、日本がイケイケドンドンだった頃、テレビで流行った宣伝はリゲインの「24時間働けますか? ビジネスマーン、ビジネスマーン、ジャパニーズビジネスマーン」だった。カラオケで皆喜んでリゲインのテーマを歌うニッポン、そんな、日本を取材したアメリカのTIMES紙が日本の特集を掲載し、その特徴として「Tsukiai Zangyo」と、わざわざ、ローマ字にして、外国の読者に紹介していたのを私ははっきりと覚えている。要するに必要もないのに、上司が帰らないから帰れない、周りが帰らないから帰れない、といった仕事の需要とは関係のないところで、残業している人が多いということだった。私はその頃、霞が関で役人をしていたが、そんな批判を受けて、「ノー残業デー」などというものが作られ、毎週水曜になると、「今日は早期退庁日です。皆さん、早期に仕事を終えて帰りましょう。上司の皆さんは積極的に帰りましょう。」という放送が入った。しかし、そんな日を設けても、何も変わらず、裏残業する人は大勢おり、遅くまでやるのがカッコいい、やってる気分になる、上司からの評価がよくなる、などと非常にくだらない動機に基づいている人が多かったように記憶している。

今日のNHKは、なぜ、外国の状況と比較しないのだろうか、と思うほど全く外国との比較がなかったのが残念だが、私が日本の状況をバカバカしいと思うようになったのは、今から20年位まえにロンドンにある国際機関で働いてからである。彼らは、基本的に残業などは誰もしない。国際会議の開催中など、年に何回か、徹夜で働かざる得ないことはあったが、それはほんとに時たまというだけであって、日本の役所などのように常態化はしていなかった。どう見ても、職員一人ひとりの能力は日本の役人よりも遥かに高く、専門家として、仕事が早く、意思決定も早い。一人ひとりがプロだったからである。そんな経験をして、日本に帰った後に日本の役所で働いてみると、仕事の能率は低く、ほとんどの人が、書類を右から左へと転がしているだけ、誰も何も意思決定しようとせず、意思決定に時間がかかり、大したことをしていないくせに、「忙しい忙しい」という者ばかりで、毎年毎年、増員要求を出して、組織をドンドン膨張させていくのが仕事と勘違いしている愚かな組織に見えてしまった。私は非常に直感的だが「日本の役所は職員の3分の2を首にしても成り立つ。」と当時は思った。3分の2は今考えると少し大げさかもしれないが、役人の数を半分くらいにしたほうが、かえって仕事は楽になり、能率もスピードも上がる、と今も思っている。

欧米の企業や役所の人は、付き合いで残業などはしないし、定時に帰って自分の時間を楽しもうと普通の人は考える。幹部職員になると朝から晩まで仕事で飛び回る、ということはあるが、末端の人では考えられないように思う。だから、前述したようにTIMES紙が奇妙な習慣としてこの問題をとりあげたのだろう。彼らは、「お客様は神様だ」とも思っていないし、「今の会社で生き残ること絶対だ」とも思っていないだろう。文化の違いだといってしまえばそれまでだが、1980年代のイケイケドンドン世代が今企業の幹部になっている頃だから、なかなか、変わることができないのだろう。思うに、「お客様第一主義(Customer First)」は、長期関係を築く上での経営学上の真理であり、グローバルスタンダードだが、「お客様は神様」と考えてしまうのは、日本だけではなかろうか。お客様は絶対ではない。時には自分の利益に反するお客様とは縁を切ることも必要だろう。しかし、それが日本社会ではやりにくい、というのがあるのかもしれない。

お客様にしろ、役所の中の他の部署や上司にしろ、とにかく、誰か別の人間の不当な要求に無理に応えようとするところにそもそもの誤りがあるように思う。個人主義の強い外国と異なり、集団主義が強い日本では、自分の所属集団に過度に依存しすぎるのではないだろうか。

 

広告

災害用電源

災害時における電源確保、これは、古くて新しい問題だが、非常に難しい問題である。通信機器やコンピューター機器を動作させるためには電源がどうしても必要であるし、照明を使うためにも電源が必要である。暖房機器などは、石油やガスなどの電気以外のエネルギー源によっても動作するものが多いが、今はやりの「オール電化」された家などに住んでいれば、電気が止まった時点でオールアウトである。その意味では、オール電化は、CO2を出さないのでエコでいいという論理もあるが、エネルギー源の分散というリスクマネジメントの観点から見ると決して望ましいものではないということになる。考えてみれば、火力発電所で発電された電気を使うのであれば、末端のエンドユーザーこそCO2を出さないかもしれないが、大元の発電所のところでCO2が出ているので、オール電化だからCO2が出ないなどと言うことはできない。

さて、災害用と称してリチウムイオン電池を備えている企業や家庭も多いだろう。東日本大震災後の計画停電を契機に、家庭用リチウムイオン電池の大容量化もすすみ、昼間に太陽光で発電した電気をリチウムイオン電池に蓄えられるようにしたスマートエコハウスに住んでいる人も数多くいる。しかし、リチウムイオン電池の問題点は、満充電にしても自然放電によって、毎月5~10%くらいの電気が蒸発してしまうことである。それならば、と言って常にコンセントに差し込んだままにして充電を続け、100%満充電の状態を維持しようとすると今度はリチウムイオン電池自体の劣化が進み、その寿命が短くなってしまう。このような使い方だと、物にもよるが、2~3年で性能は半減するとみるべきだろう。リチウムイオン電池の寿命を延ばすためには、充電頻度をなるだけ減らすことだが、そうすると、今度はイザというときに満充電の状態ではないために十分な電気が得られないということにもなる。イザと言うときのために、電池の寿命が短くなることを承知の上で、常に満充電の状態にしておくのか、それとも、電池の寿命を延ばすために充電頻度を下げるのか、難しいトレードオフである。電池の寿命が短くなれば、当然その買い替えサイクルが短くなり、買い替えコストが増すことになる。災害は忘れた頃にやってくるものなので、災害用としてリチウムイオン電池を備えていても、一度もその災害用として活躍することなしに、買い替えなければならないことになる可能性が高い。スマホ充電用のリチウムイオン電池くらいなら1万円以下だからよいが、事業用や家庭用の大規模なリチウムイオン電池だと5KWhくらいのもので100万円くらいする。そんなに頻繁に買い替えることができる物ではない。

では、自然放電しない電池は何か。全く自然放電しないという電池は存在しないが、再充電ができないタイプの乾電池(ボタン型電池など単1~単4以外の形の物も含む。)はどれも少ない。自然放電したとしても年間数%である。しかし、乾電池の形をしていても再充電可能なニッケル水素電池などは、一般的に自然放電が大きくなる。それでも、パナソニックのエネループは、改良に改良を加えて、自然放電を年間10%に抑えたらしい(eneloopsサイト参照)。

災害用途には、基本的に、再充電ができないタイプ(これを「一次電池」という。再充電ができるものは「二次電池」と呼ばれる。)の乾電池を備えておくべきだろう。なお、普通の乾電池にもいろいろな種類があるが、長持ちするものから順に並べると:

  1. リチウム電池(注:「リチウム電池」と「リチウムイオン電池」は全く異なる。)[リチウム電池は10年放置しても80%位の容量が残っている。]
  2. アルカリ電池
  3. マンガン電池

なお、どれも保存温度によって自然放電の速度は異なり、一般的には低温で保存した方が、電池は長持ちする。これは低温下では化学反応が抑えられるためだが、逆に言うと、低温下では電池の性能が落ちることにもなる。しかし、この点、リチウム電池は低温特性が優れており、低温下でも使用できる(Panasonicサイト参照)。単三や単四型のリチウム電池は、米エナジャイザー社の特許となっており、他のメーカーからはあまり販売されていないが、パナソニックなどは、そのOEMと思われるものを販売している(その性能比較としてはこのサイトが非常に面白い)。

ところで、乾電池で供給できる電力は微々たるものである。乾電池では動作させることができない機器はどうするのか。その場合、自家発電機を設置することができればそれに越したことはないが、それができない場合には、韓国で開発された空気亜鉛電池「エイターナス」が有効である。これは、密閉された袋から電池を取り出すだけで空気との化学反応が起きて電気が発生するという物である。自然放電はしないし、10年くらいは品質保持できるという。出力は14.4VのDCだが、100Vへのインバーターが付属しているので、100V機器なら何でも使用できる。容量も540Whあり、パソコンが丸一日くらい使える容量がある。災害用としては非常に理想的である。

その他にも、水と塩を入れると発電を始めるWattSattなどもあるが、空気だけで発電するエイターナスの方が、使い勝手はよい。

自家発電機が設置できればそれはそれでよいのだが、自家発電機はそう簡単に持ち運びできるものではないし、地震で建物の崩壊に伴って同時に使用できなくなる可能性も高い。災害用の電源としては、乾電池(リチウム電池)とエイターナスを用意しておき、携帯電話などは乾電池で充電できる乾電池充電器によることとし、大きな電力を必要とするパソコンなどにはエイターナスを使用するようにするとよい。