「トランプ氏はペテン師で嘘つき。いずれ独裁者になる」——ジョージ・ソロス氏 | BUSINESS INSIDER JAPAN

億万長者のヘッジファンドマネージャー ジョージ・ソロス氏は1月19日木曜日(現地時間)、トランプ次期大統領(注:執筆時点)は「ペテン師で嘘つき。いずれ独裁者になる」とする自身の見解を繰り返し述べた。86歳のソロス氏はダボス会議で、次期大統領は失敗すると確信していると語った。「彼は“異なる形”の政府を支持している。それは開かれた社会とは正反対の政府だ」。ホロコースト生存者であり、ハンガリー人の移民であるソロス氏は言った。「独裁政治かマフィア国家とでも呼んだ方がいい」。

情報源: 「トランプ氏はペテン師で嘘つき。いずれ独裁者になる」——ジョージ・ソロス氏 | BUSINESS INSIDER JAPAN

 

全く同感と言わざる得ない。彼は、「権力をワシントンから皆さんにお返しする」などと就任演説で述べたが実際は真逆で「権力を自分1人で独占しようとしている」のが現状だろう。一部の国籍の人々の入国を禁止するなど米国憲法違反の大統領令を連発し、自分の気に入らない事実は事実さえ曲げてしまおうとする。科学的事実でさえ消去してしまおうとする。地球温暖化に関する論文その他は連邦政府のデータベースから消去されてしまうとして、科学者が消される前にと慌ててデータのバックアップを急いでいるらしい。

自分の就任演説については、ABCの記者に「この多くの人々の愛に煽れた就任式を見て下さい。・・」などと歴代最小の参加者の下で行われた式に自己陶酔。極めて自己中心的なナルチストであることが伺われる。こうゆう人物には何を言っても無駄。多くの人に愛されていないと気がすまない極端な自己愛の持ち主。自己中なだけなのに自分は米国民のために全てやっていると自分勝手に思いこんでいるだけ。過去の独裁者にも共通して見られる傾向だろう。ヒトラーも同じようなものだったろう。

この政権で首席戦略官に就任したトランプの側近中の側近といわれるバノン(トランプを支える「バノン」の危険すぎる正体 )などは差し詰めナチス政権でヒトラーの側近として仕えたゲーリングのようなもの。

ヘルマン・ゲーリングは、ヒトラーの下で、ドイツ軍の空軍総司令官や国家元帥等を務めた人物で、戦後は戦犯として捕えられ、ニュルンベルク裁判で絞首刑の判決を受けたが、刑の執行前に自殺。刑務所に収容されている際、訪ねてきた米国人の心理学者グスタフ・ギルバートに対し次のように語ったという。

ゲーリングは、肩をすくめて答えた。「もちろん、一般市民は戦争を望んでいない。貧しい農民にとって、戦争から得られる最善の結果といえば、自分の農場に五体満足で戻ることなのだから、わざわざ自分の命を危険に晒したいと考えるはずがない。当然、普通の市民は戦争が嫌いだ。ロシア人だろうと、イギリス人だろうと、アメリカ人だろうと、その点についてはドイツ人だろうと同じだ。それはわかっている。しかし、結局、政策を決定するのは国の指導者達であり、国民をそれに巻き込むのは、民主主義だろうと、ファシスト的独裁制だろうと、議会制だろうと共産主義的独裁制だろうと、常に簡単なことだ。」

「しかし一つだけ違いがある。」と私(※ギルバート)は指摘した。「民主主義の下では、国民は選挙で選んだ代表を通して意見を言うことができるし、アメリカでは議会だけが宣戦布告できる。」

(ゲーリングは答えた。)
「それはそれで結構だが、意見を言おうと言うまいと、国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。簡単なことだ。自分達が外国から攻撃されていると説明するだけでいい。そして、平和主義者については、彼らは愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。この方法はどの国でも同じように通用するものだ。」(翻訳:鈴木)

情報源: 改めて考えたいゲーリングの言葉の意味

このゲーリングの言葉の中で、「武力的な攻撃」を意味する部分を経済的な攻撃に置き換えて読めばトランプの発言の背景も理解できる。ヒトラーもトランプも外国を悪者にし、米国民を意のままに動かそうとしている点で全く同じである。

このような指導者が、自由と民主主義を旗印に建国された米国に出現したというのが非常に恐ろしい。ポピュリズムも民主主義であることには変わりないが、トランプを支持せざる得ないような人々を生んでしまったということではこれまでの政権にも責任がある。

米国の三権分立が正常に機能し、トランプの独裁に歯止めが立つことを願っているが、ヒトラーがそうであったように、トランプはその三権分立や米国憲法までをも悪者にし、蔑ろにしようとするだろう。

いずれにせよ、世界にとって最悪の指導者が生まれたことは事実である。独裁者が北朝鮮位の小国ならまだよかったが、なにせ経済的にも軍事的にも影響力が極めて大きい米国である。やはり、日本も自分の身は自分で守ることを考えるべきではなかろうか。トランプがもっと金を払わなければ米軍を撤退させると言うならば、どうぞどうぞと沖縄から全ての米軍に撤退してもらえば沖縄は皆喜ぶだろう。

日本の政権は、歴代、風見鶏的傾向が強いが、間違っても、トランプ支持などという立場を打ち出すべきではない。それは、日本の国際的評価も下げてしまう。カナダのトルドー首相などはトランプの一部国籍者の入国禁止令にすぐに反発し、「迫害やテロ、そして戦争から逃れようとしている人たちへ。カナダ人は信仰に関係なく、あなたたちを歓迎する。多様性こそわれわれの強さだ。」と述べ、トランプを批判した。日本もトランプとは距離をおき、自分達の大切にしている価値は何なのかを鮮明にすべきである。自由、平等、その他、一大統領もどきの力で変えてはならない価値については勇気を持って主張すべきである。

このままトランプの独裁が万一続くような事態になれば米国から優秀な頭脳は流出し、連邦からの独立を求める州が出現し、米国は急速に衰退する。無理に米国一辺倒である必要はない。

最悪の場合は、米国が世界の警察国から世界の侵略国へと変貌するというシナリオだ。国内市場を閉ざし、閉鎖的にすれば、いずれ他国から報復関税をかけられ、米国製品が外国で売れなくなる。そうすると市場を求めて武力を使い、侵略する。これは第二次世界大戦以前の世界で普通に見られた光景である。戦前に実施されていたブロック経済が戦争を引き起こした根本要因である。トランプのような時代錯誤した偏狭な男が大統領なら、「米国のためだ!」と平気で侵略を指示するだろう。そんなとき、在日米軍が日本人に対して、武器を向けてくるというのが最悪のシナリオである。オルタナ右翼といわれる過激な右翼思想に染まっているバノンという人物を政権の要職につけるようなトランプだ。トランプが「金を払わないなら米軍を撤退させる」などとバカなことを言っているうちに、それではどうぞ出ていって下さい、というのが最もよい選択肢ではなかろうか。

The campaign to impeach President Trump has begun – The Washington Post

At the moment the new commander in chief was sworn in, a campaign to build public support for his impeachment went live.

情報源: The campaign to impeach President Trump has begun – The Washington Post

トランプを弾劾せよとのキャンペーンが早くも始まっているらしい。米国憲法上、米議会下院によって訴追され、上院が承認すれば弾劾できる。世界がおかしくなる前に、できる限り早く米議会が立ち上がり、行動を起こしてほしい。

http://www.m2j.co.jp/market/2min_fxreport03.php?id=5223

 

「終末時計」 トランプ氏発言などで前進、60年余ぶり危険水準に

【1月27日 AFP】米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ(Bulletin of the Atomic Scientists)」は26日、人類による地球破壊までの残り時間を比喩的に示す「終末時計」が30秒進み、残り2分30秒になったと発表した。

情報源: 「終末時計」 トランプ氏発言などで前進、60年余ぶり危険水準に 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

トランプ=ヒットラー

情報源: 民主主義国家で「虐殺者ヒトラー」は、何故生まれたか? – NAVER まとめ

「過激な反ヴェルサイユ体制で支持を集める」ドイツに誕生したナチス政権ヒトラーは1923年のミュンヘン一揆が失敗したあと、議会を通じて権力獲得をめざす合法戦術に方針を転換し、ヴェルサイユ条約の破棄、大ドイツ国家の建設、ユダヤ人の排斥、不労所得の廃止などを訴え、特に過激な反ヴェルサイユ体制と反ユダヤ主義で注目を集めていました。

  • ヴェルサイユ条約の破棄 ⇒ NAFTAやTPPの破棄、更なる国際条約の一方的な破棄をも検討中。
  • 大ドイツ国家の建設 ⇒ Make America Great Again
  • ユダヤ人の排斥 ⇒ イスラム教徒の入国禁止
  • 不労所得の廃止 ⇒ 製造業の国内回帰促進

このように見てみるとトランプの主張はヒトラーの主張とほぼ同じである。

「教養の低い馬鹿な民衆は、演説に簡単に騙される」ヒトラーはスピーチの相手をきちんと分析していました。大衆は愚鈍だからこそ、同じ言葉を繰り返すのがヒトラーのスピーチの特徴です。演説などの宣伝活動は、学識あるインテリ相手ではなく、教養の低い大衆に対して行うべきであることを何度もヒトラーは強調しています。

トランプの演説も全く同じ。

麻生副総理が「ナチスの手口を学んだらどうかね」と過去に発言し、物議を醸したことがあったが、トランプは完全にその手口に学んでいるように見える。だとすれば、今後、この男がとるであろう手口も見える。国家緊急事態とでも称して、三権分立の停止、米国憲法の停止などを試みてくるだろう。議会は共和党が多数派。共和党主流派はトランプを支持していない様子だったが、もし、共和党が単にトランプの言いなり政党と化した場合、もう、想像したくない程の末恐ろしい事態になる。

 

大統領選で浮き彫り「二つのアメリカ」~日本人地元紙記者が見た分断の姿~:時事ドットコム

 

情報源: 大統領選で浮き彫り「二つのアメリカ」~日本人地元紙記者が見た分断の姿~:時事ドットコム

要するに、明日の生活に困窮する人々がアメリカの半分位を占めるようになっていたということだろう。明日に困るわけだから、長期的なことになど興味があるはずもない。短期的で目先のことばかり言うトランプに支持が集まったのも当然。

トランプとヒトラーとは多くの面で重なる。これを理解するために、下記のリンクは参考になる。トランプの下、アメリカがファシズムに向かっていく可能性が高い(というよりもすでに向かっていると見るべきである)。歴史は繰り返すという。繰り返さないようにするにはどうすべきかという世界全体でのリスクマネジメントが今求められていると思う。

情報源: 民主主義国家で「虐殺者ヒトラー」は、何故生まれたか? – NAVER まとめ

情報源:なぜ歴史は「ヒトラー」を生んだのか?

情報源:ヒトラーはなぜユダヤ人を迫害したのか?

トランプは世界最大のハザードである

トランプの大統領就任演説を聞いた。「バカタレの、バカタレによる、バカタレのためのガキ大将大統領」誕生の瞬間だった。人々の心に響くところもなく、政策を示すものでもなく、理念もなく、矛盾だらけの3流演説としか聞こえなかった。何でこんな人物が大統領に選ばれたのか。全く民主主義の欠陥をさらけ出した瞬間とも言える。リンカーンの「government of the people,by the people,for the people」という演説は名言だが、トランプは「juvenile boss president of the crazy people, by the crazy people, for the crazy people」だろう。世界が不安定化する第一歩が踏み出された。アメリカ発の政治災害が発生するリスクが高まったとも言える。

私は、ヒトラーがドイツの選挙で勝利して独裁への道を歩みだしたときのことをこの目で見たわけではないが、きっと同じような状況だったろうと思う。ヒトラーは「ドイツ万歳! ドイツ! ドイツ!」といって他の民族を差別的に取扱い、反抗するものは容赦なく殺した。トランプも同じだろう。「アメリカ! アメリカ! アメリカ!」と何度就任演説で言ったことか。中身は何もなかったが、アメリカという叫びだけ頻出した。これを国粋主義と言わずに何というのか。女性を差別し、イスラムを差別し、白人男性以外は皆差別する。民間企業をツイッターで攻撃し、恐喝する。自分に逆らうものは全て殺してしまえとでも言うかのような高圧的な態度だ。全く、ヒットラーそのもの。しかし、そうゆう人が、選挙で選ばれてしまうほど、アメリカという国は、一部の人に富が集中し、他は皆貧乏という状況だったのか? 失業率が異常に高いというわけでもなかったはずだ。何か、漠然とした過去の栄光への憧れみたいなものが強かったのか。世界はナショナリズム一色。アメリカだけではない、ロシアもイギリスも似たり寄ったり。

大体そもそも「〇〇第一主義」「ナントカファースト」という言葉が流行っており、東京都の小池知事も「都民ファースト」などと笑わせてくれるが、 これは、極めて、あたりまえのことだろう。これまで、アメリカの利益を考えなかった大統領がいたか? これまで東京都の利益を考えなかった知事がいたのか? 確かにいたかもしれない。自分の個人的利益をばかり考える政治家は腐るほどいる。

しかし、基本的にナントカファーストのナントカに対し、どのような時間軸でみて利益をもたらすか、という政策の違いに過ぎない。政治というのはそもそも長期的な戦略に基づくものだ。長期で見れば自己中心的な政策では最終的に全体のパイが減少し、壊滅に向かうということも理解できるはず。歴代のアメリカ大統領は、長い目で見て、世界の安定が自国の利益であり、それがために他国の安全保障にも貢献してきたにすぎないのであって、トランプのように視点が超近視眼的なアメリカの利益に移り、短期的にアメリカが損をするから、外国のことなど知らん、などと言ってしまえば、世界は途端に不安定化する。「ラッキー」とばかりに喜ぶ過激派や国家も出てくるだろう。また、それ以前にアメリカ自身が内戦状態にもなりかねない。

トランプは、きっと、企業オーナーとして、これまで超短期的な利益を徹底的に追求し、ここまでたまたま上手くいったのだろう。しかし、彼の企業は決して彼一代で築きあげてきたものではない。単に親から相続しただけの企業である。あの性格や発言を見れば、短気な性格は見て取れる。短気な大統領に短期的な政策を取ってほしくない。トランプは、当分の間、世界最大の脅威であり、リスク源であり、ハザードである。このハザードは、除去することは簡単にできないので回避した方がいい。我々は、アメリカ抜きの方向、昔、ジャパン・パッシング(Japan Passing)という語があったが、これからは、アメリカ・パッシング(US Passing)だろう。トランプは「世界がアメリカを尊敬するようになる」などといっているが、彼がやろうとしていることは全て近視眼的であり、真逆である。短期的な自己中心主義に陥った国がなぜ尊敬されるのか。アメリカが世界から尊敬されることは今後あり得ない。アメリカの時代は完全に終わった。日本もアメリカとバイバイし、オーストラリアやカナダなど、まともな良識を有している国々との結束を強めたほうがいい。

アメリカの州で独立の機運が今後高まるのではないだろうか。イギリスでもEU離脱が決まった途端にスコットランドの独立の機運が再び高まった。アメリカでも、こんなバカタレ連邦政府の下の合衆国に入っていても仕方ない、と考える州知事が出てきてもおかしくない。元々、アメリカの各州の権限は独立国に近い。連邦離脱の規定が米国憲法にあるのかどうかは知らないが、ロッキー山脈を境に栄える西部合衆国と衰退する東部合衆国に分かれるのもよいだろう。当然トランプは東部の大統領にしかなれない。

ちなみにカリフォルニア州の独立運動は、「Calexit」と呼ばれ、すでに州民の30%の支持を集めている。Yes California Independence Campaignというウェブサイトも存在する。カリフォルニア州などに独立してもらい、米国の国際的な立場を継承してもらう、そんなシナリオがあるかもしれない。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政策研究・政策提言へ
にほんブログ村


政策研究・提言 ブログランキングへ

<外国人犯罪デマ>被災地半数聞き86%信じる (河北新報) 

東日本大震災直後に宮城県内で流れた「被災地で外国人犯罪が頻発している」というデマ – (河北新報)

情報源: <外国人犯罪デマ>被災地半数聞き86%信じる (河北新報)

東日本大震災時、「外国人が犯罪を犯している」というデマが流れ、8割以上の人が信じたのだという。過去にも関東大震災の時に、朝鮮人が井戸に毒を入れたので井戸水を飲むな、などというデマが広がり、朝鮮人への暴行などが多数発生したという事実を多くの人は知らなかったのだろうか。自分達が危機的な状態になったときに人は人種差別をして、「悪いのはあの連中だ」などとレッテルを貼り、自分達を正当化する。

考えてみれば、アメリカでトランプのような人種差別的な人物が大統領にまでなることができたのも、彼のデマを多くの人が信じたからであり、同じような理由によるものだろう。ヒトラーがユダヤ人を悪者にしたのと全く同じである。危機的状況下では、スケープゴートが作られやすい。

「歴史は繰り返す」という。同じような愚かな行為を繰り返さないためには、多くの人が歴史を正しく勉強する必要がある。デマは必ず発生するので、つまらないデマを信じさせないようにするためには、教育しかない。