日本の宇宙開発、準天頂衛星による測位システムを重要視・・・ガラパゴス化を防げるのか?

日本の宇宙開発において準天頂衛星(「みちびき」と呼ばれているもの)を重視するようだ。準天頂衛星は、

  • 米国GPS衛星の補強(地上の計測した既存のGPSの誤差補正情報を中継し精度を上げる機能。かつてはディファレンシャルGPSなどと呼ばれていたものと同じ。この機能は国土交通省の「MTSAT」にも搭載されている。)
  • 米国GPS衛星の補完(GPSと同じデータ型式で軌道情報を送出する機能。レシーバー側から見ると使える衛星が一つ増えることになる。準天頂衛星は日本ではほぼ真上に見えるのでビルの多い都市部でも必ずとらえることができ、精度が落ちにくくなる。)

の2つの機能がある。かつては、KuバンドやSバンドの通信・放送用トランスポンダーを積む計画もあったが、民間が商売にならないと言ったのでポシャった経緯がある。測位だけは、何とか国策として税金で、ということで、昨年やっと「実験用」という名目で一基だけ打ち上げた。しかし、この測位用衛星についても、下記のスラッシュドットを読む限り、非常に厳しい見かたの方が多いようだ。

日本の宇宙開発、準天頂衛星による測位システムを重要視。有人宇宙開発は縮小へ – スラッシュドット・ジャパン.

続きを読む

広告