東日本大震災 地震発生マップ (via ありふれた日常 – Ordinary daily life.)

このサイトは、何度見てもすごいですね。3月11日から今日まで、すでに1003回の地震が発生している。今週に入ってから、また増加中で、月曜日は23回。エンドレスですね。

東日本大震災 地震発生マップ 日本の地震の地図 (Japan Quake Map) 2011年3月11日 14時46分、宮城県東方沖を震源とする東日本大震災が発生しました。 3月11日から今現在までの地震発生地点、震度、マグニチュードを日本地図にマッピングしたサイトがあります。 3回の地震が周辺で発生した後、14時46分ついにマグニチュード9.0の地震発生。 上の画像はその時の表示です。この後はもう、地震、地震の連続でその日の夜までに大小あわせて約80回発生しています。 これを見ると改めて日本は地震発生地帯だと思い知らされます。 … Read More

via ありふれた日常 – Ordinary daily life.

広告

震源域東側でM8級、早ければ1か月内・・・更なる巨大地震は来るか?

多くの人が、すでに東日本大震災は、「復興(Recovery)」フェーズに入ったと思っているだろう。しかし、私は、まだ継続的なM7クラスの地震が継続的に発生している中、それは油断と隙を作っているだけではないかと思う。依然として、直近に再度大きな地震が来るリスクがある以上、それに対する「準備(Preparedness)」が必要だ。

読売新聞によると、東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、複数の研究機関が分析を進めているという。日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険があるのだそうだ。 続きを読む