ボランティア・マネジメント

最近の災害ボランティアは、現地のボランティア受付センターで登録後(要するにチェックイン)、ニーズがあるまで待機させ、必要に応じてプールされたボランティアを必要としている家庭等に派遣するという手法をとっている。ジャスト・イン・タイム方式でいえば、後工程が前工程に必要なときに必要なだけ必要な部品を取りにいっているのと同じことである。

1995年1月17日の阪神・淡路大震災や1997年1月2日のナホトカ号油流出事故のときは、ボランティアの管理がまだできていなかったため、うろうろしていたボランティアがかえって現場対応の邪魔になっていた。こうしたことを踏まえて、現在のようなしくみが考え出されたのだろう。

広告