リスクと不確実性

麻生財務大臣は、先週、成都で開催されたG20にて「世界経済は緩やかな回復基調にあるとする一方、引き続き下方リスクや不確実性がある」と会議で発言した。

情報源:為替市場の安定に万全を期す構え

内容自体は良いのだが、筆者が気になったのは、「下方リスク」と「不確実性」という語彙。実は、この「リスク」と「不確実性」という単語は、各種の分野によって定義が異なっており、世界的に定まった用法というものが存在しない。

Wikipedia: 不確実性

スタンカプランなどは、

・「リスクは、不確実性と被害の両方を含む概念である。」

として、望ましくない結果のみならず、望ましい結果の発生が確実ではない場合も含んだ概念が「不確実性」であり、そのうちで、望ましくない結果の発生が確実ではない場合を「リスク」と呼ぶ、とした。(Stanley Kaplan[1997], ”Word of Risk Analysis”, Risk Analysis, Vol.17, No.4)

この解釈だと麻生大臣の発言は「リスクがある」という表現で十分なはずだが、わざわざ「下方リスク」といい、加えて、別の概念として「不確実性」も加えている。これは、金融などの分野では、リスクをボラティリティ(標準偏差や分散)と同義として定義し、リスクを「上方リスク」(儲かる方向)と「下方リスク」(儲からない方向)に分けて表現することが多いためであろう。そして、上記のWikipediaにもあるように、発生確率がわかっている場合が「リスク」、発生確率がわかっていない場合が「不確実性」としてわける場合があるので、麻生大臣は、役所表現として「下方リスク」と「不確実性」の両方を単語を使用したのだろう。

しかし、上記はあくまでも経済分野での定義である。数学ではリスクと不確実性の区別はないし、工学や防災分野では、スタンカプランの定義に基づくものが多い。

なお、そもそも「リスク」の定義自体が非常に難しい。スタンカプランも、「米国リスク分析学会が設立されたとき、リスクを定義するための委員会がまず立ち上げられた。しかし、4年間にわたる議論の後、委員会は最終的にはこれを諦め、個々の著者にそれぞれ定義してもらうこととした。」。(Stanley Kaplan[1997], ”Word of Risk Analysis”, Risk Analysis, Vol.17, No.4)と述べており、如何にリスクを定義することが困難であるかを物語っている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中