熊本地震:被災地外へ広域避難すべし

4月14日から16日にかけて熊本から大分で大地震が発生し、群発する余震が今も止まずに発生している。被災者の方々は、これだけ多くの地震が連続して発生すると不安も極限状態に達し、夜も眠れないに違いない。亡くなられた方も40人を超える。心からお悔やみ申し上げる。

思うに地震だけでこれだけ多くの家屋が倒壊し、20万人もの避難者を出した例というのは過去にないのではないだろうか(避難者数の推移)。これまでは、地震そのものよりも、それに続いて発生する火災や津波などといった2次的な災害に起因する被害の方が大きかった。地震のみでも、それが直下の断層で発生し、それが広域に連鎖反応的に、かつ、継続的に発生すると巨大な被害が発生するという新たな先例になってしまった。

今回の地震は、規模の大きいものが連続して発生し、かつ、直下型の震源が浅いものが多発している。従って、継続して発生している断層地域上の家屋で、無傷なものは恐らくないだろうと推定される。木造家屋のみならず鉄筋コンクリートのビルまで倒壊している状況である。修復せずに住める住居の方が少ないに違いない。最悪の場合を想定すると、20万人もの人が住居を失ったと考えるべきである。

このような場合、ベストな解とは何だろうか。私は、なるだけ多くの人に非被災地域に避難してもらうことだと思う。昨晩、NHKの番組で群馬大学の片田教授が広域避難を提唱されていたが、同感である。政府や自治体も最善の努力は尽くしていると思うが、常識的に考えて、20万人もの人に住居を迅速に提供し、食料やその他必需品を必要なところに必要なだけ適切に分配することなど今の中央集権的な分配システムでは事実上不可能だ。このまま、多くの人が故郷に留まり、がんばろうとすればするほど、今後、震災関連死が増大し、被害が更に拡大する。

日本人というのは基本的に農耕・定着型民族であり、自分が長年住んできた町「故郷」に対して、必要以上に愛着を持つ。それはそれで一つの文化であり、いいとか悪いとかという問題ではない。しかし、自分の生命まで犠牲にして故郷を守る必要性などどこにもない。個々の人が快適に生活できるところへ移住してもよいはずだ。これが欧米人のように狩猟・移動型民族であれば、恐らく、今回のような災害が発生すればかなり多くの人が我先にと安全な地域へと避難するだろう。

こうゆう時に他の地域に避難すると「あいつは故郷を見捨てた」などと周囲に言われるのを恐れるのかもしれない。そうゆう村社会的な雰囲気は田舎へいけばいくほど強くなる。しかし、こんなことを続けているといずれ総員共倒れになることは間違いない。

親戚や知人が他県等にいる人は、一時的にしろ、お世話になれるのならなったほうがよい。自力で他の場所に移住して新しい生活を始める勇気のある人はなるだけ早めにそうした方がよい。その結果、支援を求める人が少なくなればなるほど、被災地に残り、ほんとうに支援を必要としている人に十分な支援が行き届くようになる。

最近では人口減に悩む地方自治体が他県からの移住者を積極的に受け入れ、様々な優遇や支援をしている例もある(参考:移住・交流推進機構)。このような自治体が、この際、被災地域からの避難者を積極的に受け入れ、場合によっては将来移住してもらうのも一つの手だろう。地方には、人が住んでいない空き家が多数存在するのでこれを活用してもよい。都市部と違って学校だって保育園だって空きが多数ある(一時的な避難であっても住民票を移すだけで地域の小中学校に転校する権利が生じる)。問題は、仕事があるかという点だろうが、そこは、これからつくであろう巨額の復興予算を活用して、各自治体が就業支援や起業支援などをしたらよい。そうすれば今後被災地に建設しなければならないであろう膨大な数の仮設住宅を削減することもできる。熊本県側から見ると人口流出は悪かもしれないが、大切なのは人々が普通の生活を一刻も早くとりもどすことであり、かつ、災害関連死等による被害をこれ以上拡大させないということである。

幸いなことに今回の地震では、携帯電話を始めとする通信手段にはそれほど影響が出ていないので必要な連絡調整はできるはず。新幹線が止まり、高速道路も今は通行止めかもしれないが、交通手段は今後復旧する。被災者を受け入れる自治体がバスなどを手配してもよい。

被災者に対しては難しい判断を迫ることになるし、勇気のいることかもしれないが、これ以上被害を拡大させないためには、なるだけ多くの人が広域避難すべきであり、行政もそれを支援すべきであると考える。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中