電波が無い場所でもメッセージを送り合えるモバイルアンテナ「goTenna」

電波が無い場所でもメッセージを送り合えるモバイルアンテナ「goTenna」(追記あり) : ギズモード・ジャパン.

大災害時などには、地上の携帯電話や固定電話はまず機能しない。インフラそれ自体の倒壊、故障に加え、通信トラフィックの急増による飽和及びそれに伴い通信会社が実施する発信制限などがその理由である(詳しくは以前の投稿を参照)。

最も使えるものはネットワーク、つまり交換機や携帯の基地局などを経由しないで相手と直接つなぐタイプの無線設備である。伝統的なPTTトランシーバーなどもこれに属するものであるが、既存の携帯電話に外部アンテナを取り付けることによって、同じアンテナを付けている相手の携帯電話と直接通信できるという上記記事の機器が外国では販売されるようだ。正確には外部アンテナといっても、携帯に有線でつなぐわけではなく、携帯とこのアンテナの間はブルートゥースで繋ぎ、アンテナからは150MHz帯で2Wの電波を送信して相手と繋ぐというものである。アンテナ自体は非常に小さく、リュックサックの中にでも入れておくことができる。この発想、非常に賛同できる。これに類する短距離ビーコンと呼ばれるものには実はかなりいろいろなものはあるのだが(筆者がある会合で使ったプレゼン参照)、既存の携帯を使ったものというのはあまりないと思う。

携帯同士をブルートゥースかWifiで繋ぐということでもアプリさえあれば同じことはできるだろうが、それでは電波の飛距離が短い(数10メートルしか飛ばない)。既存のWifiルータは、携帯とルーターの間はWifiでルータと基地局との間は3GやLTEという携帯電話の電波というものだが、この3GやLTEの電波の部分で基地局を介さずに相手と繋ぐことができれば、これも同じことができるが、たぶん、携帯の今の規格ではできないだろう。

この機器、安いし、非常に魅力的なのだが、問題は日本の電波法上の規制である。80kmくらい離れていても繋がるように設計されているようで、そのための出力が2Wである。この「2W」が日本では問題になる。

日本でも無免許で使える特定小電力無線局という制度があるにはあるが、この制度上の今の最大出力は「1W」であり、その周波数にも制限がある。従って、この機器を日本で使うためには、ユーザーが無線従事者の資格を保有し、無線局の免許を取得しなければならない、ということになる。これでは誰でもが買えばすぐに使えるというようなものにはならないので、普及も進まないだろう。

更にこの記事によると周波数は151MHz/154MHzのようだが、この周波数は周波数割当計画によると陸上移動用とあるので目的には適合するようには思うが、いずれにせよ「無免許でもよい」ということにはならない周波数である。

従って、これを日本で使えるようにするには次の方法が考えられる。

1.これを買った人が無線従事者及び無線局の免許を取得して使用する。(⇒既存の制度の枠内で使えるが、だれでも手軽にということにはならないので、普及が進まない。)

2.情報通信審議会に諮問して、この機器を特定小電力無線局(または登録無線局)として使えるようにしてもらう。(⇒理想型だが、承認される保証はないし、時間も相当かかる。)

3.日本向けに既存の特定小電力無線局として使えるように出力ダウン、周波数変更したものを誰かが開発する。(⇒その投資が回収できるという事業計画を策定できるかどうかが問題。)

個人的には、難しいことはわかっているが、2の方法をとってもらいたいと考えている。

なお、北陸総合通信局では、7月から「<150MHz帯特定小電力無線局を活用>北陸総通、山岳における人の位置検知システムの調査検討会」というものを正式に開催している(北陸総通発表)。これは、山岳緊急通報用のシステムとして、まさに150MHz帯を特定小電力無線局として認めるため、隣接周波数(142MHz帯)を使用している動物検知通報システムへの干渉がないか調査しましょう、というもののようだが、このgoTennaあたりも一緒に検討してもらうとよいかもしれない(ただし、2Wを1W以下にするなど上記3の措置をメーカー側で実施する必要はあるとは思われるが・・・)。

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中