安全庁の設置、もっと迅速にできないのか?

日本は各行政機関の任務をこと細かく組織法に書くので、新組織である安全庁の設置も大変でしょうね。外国ではもっと大まかなことしか決めないことが多いのですが、こうやってこと細かく決めること自体が縦割りセクショナリズムの根源にもなっている。「これは俺たちの仕事じゃない」とか「これは俺たちの仕事だ」とか消極的権限争いのこともあれば積極的権限争いのこともある。この手法自体も今回見直したらよかったのにと思う。とにかく「今までと同じやり方で」などと言っていたら臨機応変に対応することはできないのですが。
細野・原発事故担当相:原発寿命、個別に判断 安全庁の全体像、年内に – 毎日jp(毎日新聞).

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中